はんこはずっと使えるので自分の好みのもの

21 8月

はんこはずっと使えるので自分の好みのもの

はんこはずっと使えるので、自分の好みのものを使いたいですね。女性に人気なのが和柄、花柄などあいらしいデザインの印鑑です。かわいくてきっと愛着がわいてくると思います。和柄のはんこには桜柄であったり、金魚やウサギなどのデザインがあります。

ネイルアートのような光るものをつけた印鑑もあります。

膨らみのあるラインストーンがついているデザインの印鑑です。スワロフスキーをつけた印鑑は、一見派手沿うで上品な雰囲気もあります。
そんなふうな、かわいいハンコはプレゼントにも喜ばれています。印鑑といっても実印と三文判とがありますが、三文判が家には家族の人数以上にあります。

自分で購入したのは夫と私分の二つだったのですが、それ以降ちょこちょこと増えていったのです。ある時は贈答品で頂いたり、またある時は御友達からもらうことがあってだんだんと増えていきました。

しかしこんなにたくさんあっても何に使えばよいのか、といってもまだ使える印鑑を処分する事には抵抗があります。ありすぎて困っている印鑑の処分というのは、どうすれば良いのかと思う私でした。

チタンでできた実印は価格はどれぐらいなのか調べてみました。

よくある白檀とくらべると、倍ぐらいの価格になることがわかった。

チタンというものは希少金属で、レアメタルの存在だから、素材が木のものより高価になっているようです。

安定性のある印鑑が良いか印鑑の値段、どちらを重視するかは好みですね。
目を向くような値段の印鑑も困るし、耐久性なども考え、自分にあったものを選ぶと良いでしょう。
最近では印鑑は100円のおみせでも買えます。
こったものじゃなくて良いなら、100円ショップの印鑑でも役に立つと個人的には思っています。

しかし、残念ながら私の名字はあまり一般的ではないようで、100円均一のような店では置いていません。
それでなくても、大きな文房具店や判子屋さんにもなかったので、手に入れるには注文するしかないのです。

今は、インターネットで印鑑が手軽に注文できるようになおみせによって値段の違いがでてくるだけでなく何本かのセットで販売したり、職人さんの手彫りかそれとも機械彫りかを選べたりと考えておくべきことがわりとたくさんありました。
どうしても職人さんの手彫りは値段がはね上がります。

最高級にあたる象牙を使って手彫りにしてもらったら高価な値段になります。

私の考えとしては丈夫な黒水牛あたりがくっきりとした印影でお値段も手頃なのではないかと思います。昨年子供が生まれました。そこで、一生使える実印を作ってあげようと色々見ています。
ずっと使えるように、途中で割れたりしない丈夫な物で見栄えがするもの。

しかし、以外と印鑑は高いですよね。でもずっと使うのだから、がんばって良いと思うものを買ってあげたい。

そしてその実印ができれば、はじめての通帳を作り少しづつでもお金を貯めて、親から巣立つときに渡してやりたいのです。

総合すると象牙がよ指沿うです実印って、苗字と名前が入るから大きい。そのために、ほんとに高価なものになります。

印鑑の材料は水晶や黒水牛の角、近年はチタンも、欠けにくく品質の良いものが選ばれています。

中には、実印と銀行印を同じ材料で印のサイズと彫る文字を実印は氏名、銀行印は氏のみとして彫り、セットで販売されているものもあります。実印というのは重要な印鑑だということを意識し、押印する事を安易に考えないように、それにみあった値段の印鑑を購入し、慎重にあつかう習慣をも付ける一助とすべきなのです。実印が欲しい時は、ショッピングセンターの印鑑屋でも購入できますし、インターネット販売でも手軽に購入できます。個人の実印を購入したいと検討してる人は新しい生活が始まる時に多くなってきます。

実印の値段は、安いものもあるし高価なものもあります。安いものをみれば1000円以下から買えるし、上の方は10万円以上というものもあります。
大切な書類等に使うものなのである程度の価格は予想して購入している人が多数です。契約をするという時に実印を用意しておかなければなりません。

近年は、インターネットで契約等も済ませるということもありますが、実印を必要とする契約も有ります。

土地の売買などは必要です。

このように大きな買い物をする時には、やはり実印を押すことを、避けることができません。
その為に、私達は役所に実印の登録手つづきをしなければなりません。その実印は縁起がよく運が上がるようになるべく安すぎず良い物を手に入れたいと考えます。

主人の苗字になって、免許の名義変更に行こうと思った際に印鑑を購入することにしました。

印鑑は何でもいいのだから、その通り使い続けても問題ないという友達のアドバイスは流して、やっぱり旧姓の印鑑を使い続けるのはちがうんじゃないかと思います。
でも、これまた日本でも5本の指に入るくらいメジャーな苗字になってしまったので、既成品でたくさんある同じような印鑑に少し悩みました。

最終的にホームセンターでも作れる可愛い柄物の印鑑に名前を彫ってもらいました。
お手軽に作れるけど、オーダーして作ってもらって気に入っています。
PRサイト:実印黒水牛16.5mmをいろいろ探してみた